沼袋駅からすぐの平和の森公園が中野区で一番良い公園かも

西武新宿線沼袋駅から徒歩5分。

東京都中野区新井にある中野区立の大きな公園があります。

元々当地は旧中野刑務所があった場所でした。

住宅化の流れや地域環境の点から廃所され、1983年に公園として開園。

敷地内には芝生エリアや野球広場など地元住民の憩いの場となってます。

総面積は54,658(平方メートル)、哲学堂公園と並んで中野区内では最大級の広さ。

公園近くには下水処理施設や法務省矯正研修所東京支所が隣接してます。

名称:中野区立平和の森公園
開園月日:1985年10月1日
住所:東京都中野区新井三丁目37番
現況面積:54,658.99(平方メートル)

SPONSORED LINK

徒歩5分の場所にある公園

公園近くには妙正寺川が。

駅を出て川沿いに歩けば迷うことなく辿り着けます。

公園内への入り口は幾つかあり、下の写真は妙正寺川側の入り口。

見てわかる通りに公園内には水辺があり、夏の時期にはザリガニやヤゴがいるみたい。

紅葉の時期では一眼やスマホで写真を撮る方がちらほら…。

道を抜ければ芝生エリアに抜けられます。

周りに景色を遮る大きな建物もなく、ひらけた場所なので景色は良い。

中野駅近くの高層ビルが見えます。

440mトラックを1周してみる

芝生エリアでは家族連れや若い人達が運動したり、ご飯食べたり。

その周りは1周440mのランニング・ウォーキングコースとなってます。

多くの地元住民が走ったり、歩いたりしてます。

3~4月は桜が綺麗で夜走るのにも適してます。

また一応トラック内は反時計回りがルールのようですが逆走している人も。

特に気にする必要もなさそう。

水飲み場。

真夏の土日はオッサンが裸で日焼けをしている姿をよく目にします。

スポーツとしてのサッカー・野球とは何でしょう。

親子でキャッチボールするくらいは許容されているってこと!?

野球・サッカーは勿論、ラグビーをしている若者、凧をあげるオジさんなど多種多様。

座れる場所やベンチは公園なので多め。

右に曲がると子供が遊べる遊具エリア。

ヒートアイランド対策。

約半周。

この写真の建物が下水処理施設。

よく見ると壁面には落書きアートが施されてます。

上の写真の場所では弾き語り・漫才の練習をしている人がちらほら。

芝生エリアは非常に開放的な場所。

トリム広場の健康器具

豊富な健康器具が設置されてます。

体を鍛えている方や年配の方がよく利用している印象。

普段運動不足の社会人にはオススメですが、急に体を動かすと危険。

ボウタッチは背筋力を鍛える器具。

この器具は小さな子供からお調子者の大人まで皆一度はジャンプしますね。

一応まわる順番がある模様。

チェーンパラレルバーとアスレチックベンチがキツめな印象。

野球グラウンドと復原住居

公園内にはスポーツ広場が設置。

土日は小学生がよく野球の試合をやってます。

予約を取らなくてもグラウンド使うくらいなら良いのかな。

こちらにも幼児用の遊具が設置。

砂場エリア。

そしてドックランエリアが2つも。

やたらドッグランエリアが併設。

あまりドッグがランしている姿は見たことがありません。

傍目から見ても少し入りづらい印象。

ドッグランエリアは多い。

マナーの悪い利用者がいるんでしょうか。

公園内にはやたら犬の看板を目にします。

一見して犬の散歩をしている人は少ないのだけども…。

樹木の名前を当てるグリーンアドベンチャーゲーム。

一応解答用紙を入れる箱が設置されてます。

これやる人いるんだろうか。ちょっと興味はあるけど…

夜公園内を通ると暗いのでかなり怖い。

鍵が掛かってました。

電源があるのだろうか?

復元された謎の弥生時代の住居。

夏に開放されているじゃぶじゃぶ池。

一時はポケモンGoの影響で多くの若者で溢れていたが、今ではひと段落。

ランニング・ウォーキングを日課とされている方には最適な公園。

芝生や花壇は綺麗に手入れされているので、家族連れ・カップルにもオススメな公園です。

SPONSORED LINK