東中野のランドマーク犬はとにかくデカくて夕方に咽び泣くよ

東中野3丁目には、とにかくデカい白い犬(通称デカ男)がいらっしゃいます。

東中野猫
にゃー子と双璧をなす東中野のマスコット的存在。

時折マンション一階の檻のようなスペースでデカ男が寝そべってます。

たま~に飼い主のおばさんと散歩する姿を目にします!!

通りすがる小型犬がキャンキャン吠えようとも、全く気に留めることなく、ノソノソと歩く姿。

東中野猫
やっぱり大きな犬って、優しい子が多いんですかね。

デカ男、とにかくデカイので目立つ。

山手通りの通行人は、老若男女問わず、デカ男がいると結構な確率で何か話し掛けます。

デカ男も人懐っこい性格なのか、人が近付いてくると立ち上がり、寄って来ます。

近くで見るとホントにデカい。

さて、そんなデカ男ですが、一人でいる時間が多いのか。

それとも一人が寂しいのか、結構大きな声で泣き叫びます。

以前デカ男がいるマンション近くに住んでいた頃の話。

中野区の防災無線定時チャイムが鳴り始めると、とても大きな遠吠えが聞こえてきます。

東中野猫
あおぉぉぉぉぉーーーーーーーーーーーー

と泣き声が聞こえると、もう夕方かと…

夕方の無線放送だけでなく、夜暗くなっても泣き叫ぶ事が多々あります。

夜は自宅の中?にいるようで、外では見かけないけど、結構な頻度で夜鳴きが。

山手通りは深夜でも車通りが多く、またパトカーや救急車のサイレンもよく耳にします。

たま~にパトカーと救急車のサイレンに加え、デカ男の遠吠えも聞こえたり…

近くで見ると可愛い顔をしているけど、口から大量のヨダレが出ているのはご愛嬌。

SPONSORED LINK