東中野にあるゆうれい坂と呼ばれた急勾配の坂道を登ってみる

20161112_155258-min

東中野5丁目には『ゆうれい坂』と呼ばれる急勾配の坂道があります。

名前の由来ですが、昔この地区に住んでいた在る家で不幸な事件が起きたとか。

それから坂道を通ると、おばけが出るぞと言われていたそうです。

上の写真がその坂道。

現在では道の両側に家屋が立ち、舗装され電灯もあるので、おばけが出るとは誰も思わない。

20161112_155303-min

第三中学校と郵便局の間にある。

20161112_155322-min 20161112_155335-min

高齢者には結構膝に来るかもしれない。

と思いきや、地元のおばあちゃんは涼しい顔をして登っていた。

20161112_155401-min

ここでみかん袋をこぼしたら、止まることなく転がっていきそうです。

20161112_155356-min 20161112_155418-min

昔は電灯の明かりも一切なく、両側には木々や篠竹がうっそうと茂っていた暗い坂道。

道幅も狭いので、かなりの恐怖感があったかもしれない。

華洲園含め、この当たりは昆虫の宝庫だったそうです。

昼間は地元の子供達で賑わっていたのかも。

20161112_155513-min

坂道を登り降れば、東中野本通りに出られます。

20161112_155524-min 20161112_155526-min

東中野一の急勾配の坂道。

SPONSORED LINK