大久保通り沿いの桃園川緑道にある絵の描かれたタイル一覧集

桃園川は杉並区より東へ1.5kmほど流れ、阿佐ヶ谷駅の中杉通りあたりから南下。

環状七号線を超え、大久保通り沿いと併走する形で中野区を東側へ横断してます。

その川沿いの道である桃園川緑道は、昭和60年から平成6年にかけて整備。

ウォーキングコースとして多くの地元住民に利用されてます。

花や実の美しい樹木、草花が多く、四季を通じて散策が楽しめる遊歩道。

中野-東中野に沿ったエリアの水辺の動植物や昔話のタイル絵を紹介。

SPONSORED LINK

浦島太郎

桃太郎

竹取物語

小学生が描いた絵

一休みに最適な宮前公園

さすがに下ばかり向いて写真を撮っていると首にきます。

道中ちょうど休める宮前公園。

座る場所とトイレと自販機が設置されてます。

ポケストップも2〜3箇所あり、よくミニリュウが出てくる印象。

カラーの虫や花のタイル

立派な絵の石。

近くを流れる川が、南こうせつの神田川の歌詞に出てくる川。

ちょうど東中野一帯がモデルになっているようです。

中野区は銭湯が多いので何となく頷けますね。

石に歌詞が刻まれて飾られてます。

SPONSORED LINK