旧相馬邸があった新宿区おとめ山公園が都心の公園とは思えない

20161112_143802-min

JR山手線高田馬場駅から徒歩圏内の場所にあるおとめ山公園。

新宿区とは思えないくらいの広大な土地に、落合崖線に残された斜面緑地が広がってます。

江戸時代には将軍家の鷹狩りなど狩猟場として、一帯を立ち入り禁止にしたことから「御留山、御禁止山」と呼ばれ、それがそのまま公園の名称の由来となったらしい。

大正期には相馬家が広大な庭園をもつ屋敷を造成。

後に売却されてからは、森林の喪失を憂いた地元住民が「落合の秘境」を保存する運動を起こし、湧水・流れ・池・斜面樹林地からなる自然豊かな公園が開園されてます。

SPONSORED LINK

公園入り口付近の水辺のもり

20161112_134630-min 20161112_134706-min

おとめ山公園はいくつかのエリアに分かれています。

水辺のもりゾーンは名前の通りに水辺が多い。

公園内を流れる小さな川にはメダカやヤゴ、スジエビが生息。

夏の時期には地元の子供達が虫かごを持って遊んでます。

20161112_134729-min 20161112_134722-min

落合崖線に残された斜面緑地と言われるだけあって、そこそこの斜面。

芝生が広がっているため、犬の散歩をしている方が多いです。

犬の放し飼いや糞には気をつける旨の看板が至る所に。

地元住民の意識が高いのか、公園内はどこも綺麗に保たれている印象。

やすが高級住宅街にある立派な公園だ。

20161112_135004-min

公園内にあるそこそこ大きめの池。

亀や鯉が多く生息しており、餌を貰いに向こうから近づいて来ます。

亀と鯉が生息していることから、ポケモンGoではゼニガメとコイキングが出現。

谷戸のもりエリア

20161112_135217-min

ガッツりと芝生の傾斜が広がるエリア。

そこそこ大きいのでレジャーシートを敷いてご飯を食べる方、テントを広げて寝ている方など。

たま〜にボール遊びをしている家族も見られるが、傾斜があるのであまり向いてません。

20150926_150826-min

芝生を歩かずとも道路が舗装されているので上まで登れます。

この一帯に住むには結構お金持ちでなければ厳しいそう。

20160521_151952-min

花も咲いており、虫もそこそこいます。

公園中央にあるふれあい広場

20161112_143612-min

道路を挟んで公園中央のふれあい広場に入れます。

20161112_143316-min 20161112_143309-min

このエリアには幾つか椅子も置かれている。

20161112_143332-min

おとめ山周辺の地理事情について紹介されてます。

落合の名前の由来にも触れられていました。

20150926_151627-min

みんなの原っぱエリア

20151012_121558-min

遊具や健康器具に加え、平坦な芝生が広がってます。

この公園内で最も家族連れが多いエリア。

周辺には外国人の方も多く住んでいるようで、外人やハーフの子供がよく駆けずり回ってます。

定期的にイベントが行われているようで、以前はドッグランが開催。

20151012_121602-min 20150926_151726-min

残りの広大な土地はより一層の自然が残ってます

20161112_134712-min 20151012_121328-min 20151012_123846-min

敷地内の斜面からは、東京の名湧水57選に選ばれているわき水があります。

この綺麗な水を活用して蛍の養殖が行われてるとか。

毎年7月には蛍の鑑賞会が開催。

なかなか見所の多い場所ですが、まさにファミリー向けと言えるおとめ山公園。

新宿区立の公園として新宿中央公園に次ぐ規模。

近くに住む方は是非一度はいってみるべき公園かと。

東中野にもこんな公園が欲しい。

SPONSORED LINK